周りの歯に負担をかけない治療法

いまや歯を失う原因の1位になっている歯周病ですが、
歯周病の予防を怠っていると、歯をどんどん失っていく、というのが現状です😯💦

そこで歯を失ったあとのことを考えたことはありますか?

歯周病もですが、根っこが割れたり、大きな虫歯に侵されてしまったときに、抜歯になることは珍しくありません。

歯を抜いたままにした場合、反対側の歯や顎、歯茎に悪影響を与えることも考えられますので、
例外を除いて、抜いた歯のところに歯に代わるものを入れてあげる必要があります🌱

一般的に歯を失ったときにする治療法は大きく分けて3つ。

1.ブリッジ

ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を使って、橋をかけるイメージで、被せものを作成する方法です。
この方法は失った歯の両隣、すなわち健康な歯を2本犠牲にして、削らなければいけません。
もったいないです😨

2.入れ歯

入れ歯は失った歯を作って、ほかの歯に留め金をかけて固定する方法です。
この方法もブリッジと同様、留め金をかけた歯に負担をかけてしまいます。
失った歯の負担が、留め金をかけている歯にかかるわけですから、
その土台の歯を酷使し、寿命が短くなってしまう恐れがあります⚡

3.インプラント
これは保険外治療にはなりますが、骨に直接チタン製のインプラントを入れるので、他の歯に悪影響を与える心配はありません。
周りの歯を大事にしたいという観点からみれば、インプラントは有効な手段だといえますね👌✨

どれもそれぞれにメリット、デメリットがあるので、ご自身の治療はどれが適切なのか、
歯科医師やコーディネーターと治療方法をじっくり検討しましょう😉🌻

トリートメントコーディネーター 松本

詰め物・被せものが外れたとき

台風が続きますね・・・
日々寒くなってきましたがお体の調子、いかがでしょうか🌀🤧

私は風邪気味です💦
季節の変わり目は体調管理が難しい・・・

早く治します😓

さて今日は詰め物や被せものが外れた時、どうなるか
ということについてお話させていただきます🌱

詰め物や被せものが外れてしまったりした経験はありますか?

では詰め物・被せものがとれてしまって、そのまま放置すると
どうなるでしょうか❓❓

まずはしみます!⚡
歯の中身の象牙質という部分がむき出しになってしまって
冷たい物や熱いものがしみだしてきてしまいます🍧

次に虫歯になります!👿
通常の歯は、象牙質はエナメル質によって守られています。
しかし詰め物や被せものが入っているところは象牙質がむき出しになっているので
本来カバーしてくれるエナメル質がありません。
なので虫歯になりやすくなってしまうのです😯

また歯が欠けやすいということも起こってきます!☔
詰め物・被せものがとれた歯は守られていないので、もちろん弱くなっています。
ということは力が加わると簡単にヒビが入ったり欠けたりします‼

たまに歯医者に行く時間がなかったから接着剤でとめた、とおっしゃる患者さんがいらっしゃいますが、
歯によくありませんので、やめましょう😱

詰め物や被せものがとれたらなるべく早く歯科を受診することを
おすすめします🌻

トリートメントコーディネーター 松本

免疫力が下がると歯周病は悪化する

 

 

「疲れやストレスがたまると歯ぐきが腫れる」という方はいらっしゃいませんか😔❔
もしかすると、その歯ぐきの腫れは、「歯周病」のサインかもしれません❗

歯ぐきが腫れる主な原因は、間違った歯みがきや、歯根に膿が溜まる、口呼吸など様々ですが、ストレスがあったり体調が悪い時にも歯ぐきが腫れることがよくあります‼
その一因は「免疫力の低下」です⚡
ストレスや体調不良があると、敵から身を守ろうとする免疫力が低下して、普段は大人しくしていた歯周病菌が元気に活動し歯ぐきに炎症を起こしてしまうのです💦

歯ぐきの腫れにとどまらず、ブラッシングの時に出血したり、朝起きた時に口の中がネバネバする、口臭が気になる、歯が長くなったような気がするなどの症状があれば、歯周病である確立は高まります😨😨

私たちにできることは、お口の中を清潔に保ち、状態を日頃からチェックすること‼
そして「腫れても、しばらくすると良くなるから」と放置せず、歯科医院でよく診てもらうことです✨
お口の健康を保つためには、痛みや不快感がなくても、定期的にプロのケアを受けることが大切ですね🌷🌷

トリートメントコーディネーター溝渕

口内炎と口腔粘膜炎

今日は口内炎と口腔粘膜炎について少しご紹介します🌻

口腔粘膜炎はがん治療時に口腔粘膜に発症する紅斑・萎縮・びらん・潰瘍性病変と定義されています。

一方口内炎は、一般的炎症症状を指しています。

口腔粘膜炎はがん治療時の発症頻度の高い有害事象の一つです😨

この口腔粘膜炎は様々なことから引き起こされます。

治療側の因子から考えると
化学療法や、放射線治療

患者さん側の因子から考えると
口腔衛生状態が不良
粘膜の損傷
免疫機能低下
栄養状態の不良
喫煙

などが考えられます🌱

化学療法や放射線治療をする場合、歯周病が放置された状態ではじめると
治療中に症状が急性化することがあるので、前もって治療をしておくことが望まれます😯‼

トリートメントコーディネーター 松本

インプラント最大のメリット

 

 

インプラントとは失ってしまった歯の部分に人工の歯根を埋め込む治療法です🍀

インプラントのメリットはたくさんありますが、その中で最大のメリットとは、「自分の歯と同じ様に噛めること」です🌟🌟

入れ歯やブリッジは、残った歯を痛めながら無くなっ歯の部分を補うのに対し、インプラントは失った歯の代わりになるので、他の歯に負担をかけることがありません😄

また、インプラント体を骨に固定するので、固い物でも安心して食べられます✨

違和感なく、今までのように食べ物を噛むことができるのはとても嬉しいですよね😍😍

インプラントについて詳しく知りたい方は是非お問い合わせ下さい➿

トリートメントコーディネーター溝渕

インプラントの寿命

 

 

 
インプラントの寿命についてですが、厚生労働省の調べでは、約90%以上のインプラントが10年、15年機能できるそうです😲🎶
インプラント以外の治療法の寿命は、保険で作った入れ歯だと約2年で作り替えが必要になり,Brの寿命は約8年です💦

比べて見るとインプラントの寿命が1番長い事が分かりますよね🌟

ですが、インプラント治療後の定期的なメンテナンスやお家でのケアが出来ていないとインプラントの寿命はとても短くなってしまいます😨

正しいケアと継続的なメンテナンスでインプラントは一生ものにすることも可能ですよ‼

当院は開院して15年ですが、院長が開院する前にインプラントを埋入した患者さんで10年、15年問題なく機能しています✨
長期間インプラントの維持をできている患者さんに共通するのは、歯磨きがきちんとできていて、磨き残しの少ない方、定期的に途絶えることなくメンテナンスに通って頂けている方です😉🌸

インプラントの寿命を長くするには日頃のケアと定期的なメンテナンスがとても重要です💙

トリートメントコーディネーター溝渕

歯周病は腸に影響する?

前回、リーキーガット症候群症候群のお話をしたときに、腸漏れにより、
腸内細菌が肥満や糖尿病、がんなどに関係することが明らかとなってきているとお伝えしました✨

リーキーガット症候群については前記事をご覧ください👀🌱

ところで、リーキーガット症候群の起こる原因に歯周病菌が関与している可能性が出てきました😨

細菌の報告によると、歯周病原菌の代表格であるPG菌(ポルフィロモナス・ジンジバリス)が腸に流れ込むと、
腸内細菌叢のバランスが乱れ、腸管のバリアー機能が低下することで、
血液中の細菌由来毒素の量が増加することがわかってきました‼‼

歯周病菌が腸内に流れ込むと言うことは、歯周病菌が食事と共に胃や腸の中に入り込むということです。

またブラッシングによって胃や腸管の中に入り込むことも考えられます💦

こうなってくると、歯周病はますます口腔内の問題にとどまらず、
全身健康にとって脅威の存在になってきています😯・・・

歯周病は早めの対策が必要です。

症状がなくても、一度検診をしてみましょう😉🌷

トリートメントコーディネーター 松本

リーキーガット症候群

こんにちは🌞

今回はリーキーガット症候群についてお話しします🌷

もともと腸管は体内の悪いもの、例えばウイルスや細菌などが簡単に体内に入ってこないようになっており、
腸管内壁には分厚いムチン層が存在したり、抗菌ペプチドが分泌されたり、堅固なはずです。

しかし、時にはそのバリアーが傷害され、腸内細菌が体内に
入ってきて、いろいろな不調を起こすようです😨

たとえばクローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患は、
腸管バリアの障害により過剰な免疫応答が起こり、腸に強い炎症が起こる病気です⚡

このような腸管のバリアー機構が傷害され、腸内細菌が腸管から漏れ出て体内を駆け巡り、
いろいろな不都合を引き起こす状態は「リーキーガット症候群」や「腸漏れ症候群」と呼ばれます。

「腸漏れ症候群」は腸管が慢性炎症に陥っている状態で、
便秘や下痢をはじめ、肝機能低下やアレルギー、関節炎、疲労感やうつ、頭痛などがあらわれます💦

さらには肥満、糖尿病、がん、血管障害などの重大な疾患の原因にもなると考えられています👿‼

最近になって、この注目すべきリーキーガット症候群が起こる原因に
歯周病菌が関わっているかもしれないという報告が出てきたりしています😱

それについてもまたお話しますね♫

トリートメントコーディネーター 松本

犬歯

犬歯や糸切り歯、または八重歯というのは聞いたことはありますか🐶?

これらは全て、口の真ん中から数えて3番目にあたる歯のことを呼ぶのですが、
(正確には八重歯というのは犬歯がより尖った歯の呼び方)

この犬歯は、噛み合わせにとても大事な役割を担っています✨✨

歯ぎしりや噛みしめの癖があると言われたことがある方は多いと思いますが、
それによって奥歯はどんどんすり減っていったり、咬合性外傷というものが起こったり、
歯根の破折、最悪の場合抜歯になることもあります😨

それを助けるのが犬歯なのです‼

上下の歯を当てた状態で顎を横にスライドしたときに、
上の犬歯と下の犬歯が当たって奥歯を離開させます。

つまり犬歯同士が当たりあうことで、
奥歯同士に側方の干渉が生じずストレスがかかってこないというメカニズムです🌱

これを犬歯誘導といいます🐶🌲

以上のように犬歯は人間にとってとても大切な歯ですので、
犬歯自体がすり減ってしまっている方は、マウスピースなどですり減らないようにしましょう😉🌟

トリートメントコーディネーター 松本

非歯原性歯痛

 

「非歯原性歯痛」ってご存じですか⁉

「歯が痛くて歯医者に行ったけど、お口の中には異常がないと言われた」
そんな経験はありますか?もしかしたら、それは「非歯原性歯痛」と言われる痛みかもしれません😲

あまり馴染みのない言葉だと思いますが、「非歯原性歯痛」とは、歯に原因がないのに、歯や歯の周り、歯肉などに痛みを感じる症状です💦

「非歯原性歯痛」の原因で多いのは、咬むための筋肉からの痛みです。噛みしめやくいしばりなどのクセがあると、咬むための筋肉を使い過ぎて歯に痛みが出ることがあります😖

その場合の対処法は噛みしめやくいしばりをしないように気をつけたり、ガムやナッツ類など筋肉を酷使するものは控えましょう‼

そのほかにも、神経障害性の歯痛や、神経血管性の歯痛、心因性による歯痛などがあります。

歯痛の原因が分からない場合、不安なことがあれば何でも気軽にご相談下さいね🌟🌟

トリートメントコーディネーター溝渕